こんぴらさん(金刀比羅宮)のお参りに「石段かご」を利用するのも面白い!?


こんぴらさん(金刀比羅宮)をお参りするにあたって長く続く石段を登るのは大変なもの。なにせ、金刀比羅宮本宮への石段は785段もあります。

若くて健康な場合なら時間がかかっても本宮まで登ることはできますが、お年寄りだったり、身体の調子が悪かったりすると、せっかくお参りしたいという信仰心があっても登れないというのは残念な話です。

石段かご


そこで、石段を上り下りするのに使える人力の「石段かご」というものがあります。最初の石段の下あたりに待機している担ぎ手二人による「石段かご」に乗ることで、こんぴらさんの石段をショートカットすることができます。


この「石段かご」を使えば、金刀比羅宮本殿への785段ある石段の内、境内前にある大門前までの365段を足を使わずに上ることが可能です。

石段かごの料金


気になる料金ですが、大門365段までの往復が6,800円、上りだけなら5,300円、下りだけなら3,200円です。

正直、♪~(´ε` )♪口笛を吹きたくなるようなお値段だと思いますが、「石段かご」本体の重さだけで20キロ近くあります。私だったら、二人で担ぐとしてもこの重量に加えて、ひと一人をあの石段を登って大門前まで担ぐというのは勘弁して欲しくなる話ですね。

乗り手の体重制限ですが、担ぎ手により、100キロでも大丈夫だという者もいるとのことですが、かごに担がれて石段を登るわけですので、あまりに重い場合は危険な可能性があるので、控えた方がいいかもしれせん。

また、身体障碍者など正当な理由があり、事前にこんぴらさんに許可をとれば、旭社の手前、596段まで行くことができます。ただし、料金は2倍となり、往復の料金は13,600円となります。

この「石段かご」はお年寄りや体力に自信のない人でなくても利用することができるので、こんぴらさん参りの旅の思い出にいかがでしょうか?